変わってきたクリスマススタイルと子供の成長 |

scrap-it-to


変わってきたクリスマススタイルと子供の成長

2017.12.27 01:48

ハナ2
3歳のハナ

クリスマスイブの今日感じることはセブ島と子供の成長です。 11年前はハナがどのように育っていくのか見当もつきませんでしたが最近やっと見えてきました。
それは写真で残していくアルバムよりの出来事を載せたブログを読み返す事で成長が分かります。
途中サーバーの会社がなくなっりしで写真が消えたりしましたが日記として使っていくには最高のアイテムだと思います。

ハナとギター 
趣味のギター

1年半前に始まったギターが彼女に合っていたらしく既に2台目になり学校にも持って行きクラスメートと一緒に楽しんでいるようです。

ハナとエレキ
14歳のハナ

ギターを始めて2年目に入った先月はエレキギターをプレゼントされて今は夢中になっています。 しかしアンプがなかったのでチャチャと一緒にSMに買いに行きました。

チャチャとハナ 
大好きなラーメン

SMに行く前に2人の大好きなラーメンをSachiで食べました。 ここSachiのとんこつラーメンは美味しく値段も240ペソとお安いです。
この幸も2年余りで3店舗になりましたのは美味しくて安いからだと思います。 ここでいつも注文するのはとんこつラーメン、チャーハンと餃子です。

SM 
昔と違うクリスマス

クリスマスなのでSMも混雑していますがいつもの盛り上がりはありません。 それは10年前とクリスマス時期の雰囲気が違って来ています。
フィリピン人にとってクリスマスと新年は最大のイベントで早い時は11月からスタートして12月22日位から花火が上がっていました。でも今はありません。
昔の日本も楽しみはクリスマスとお正月で、ケーキやおせち料理を食べる事でした。
いまは住んでいるセブのビレッジも家のデコレーションも少なくなっています。
いつでも、美味しい食事ができるように経済的に余裕が出てきた家庭が増えたからだと思います。

アンプ 
発展しているセブ島

富裕層の移住によって商売のスタイルも変わってきました。 バイキングレストランも1人2000円くらいが増えています。
日本レストランの客層も韓国人、中国系フィリピン人が中心になっていますし、日本人経営のカラオケ店も同じです。店側から見ると今は日本人客は良いお客さんではなくなってきています。
大手モールの食材コーナーも日本食材のスペースが小さくなっています。
日本の社会保障も減額される今後は夢を持つことさえ厳しくなっていると思います。
富裕層を対象にしたビジネスが中心になり、一般はもっと厳しくなるのではないでしょうか!
大企業とIT以外は利益を生むチャンスが少なくなった日本!でもセブにはチャンスがあります。
日本の技術と製品は今セブ島では求められています!

にほんブログ村 海外生活ブログ セブ島情報へ
にほんブログ村この情報が参考になりましたら応援クリック(日の丸)を宜しくお願いいたします。


コメント0

コメントする

タグ


この記事を通報する